食事は2回決まった時間に

猫の食事は基本的に朝晩の2回が望ましいと言われてます。
ただし、あまり空腹な状態が続くと胃液や胆汁を嘔吐してしまったり、脂肪を溜め込みはじめてかえって太ってしまったりするので、キャットフードを与えるタイミングや量も重要です。
そこで飼い主が食事のタイミングだけはコントロールして、その量は猫の自由にさせるという方法もあります。
毎日同じ時間に食事にすれば、あとは猫の方で次の食事まで十分な量を自分で判断するというわけですね。
また、こちらのキャットフード以外の猫の食事の注意点についても合わせてご覧ください。
この方法だと確かに食べすぎにはよほど注意しないといけませんが、その一方で愛猫の食欲の変化にはすぐ気づく事ができます。
フードに飽きてしまったり、病気で食欲不振などに陥ればすぐにわかるので、繊細な猫の場合にはこの方法がいいかもしれません。
ただ、もちろんこの場合は飼い主の方も規則正しい生活をしていて、なおかつ日常的にずっと猫と一緒に生活している必要があります。
そうでないと毎回食事のタイミングが滅茶苦茶になりますからね。
そういう意味では、まず飼い主の方が仕事で帰宅時間がマチマチのような人は難しいかもしれませんね。
また、気になるキャットフードのカロリーについても知っておきましょう。